GTMの作曲な日々

GTMが日々作曲をしながら考えたことをつづります。

イメージを曲にする具体的な方法についてまとめてみた♪

今日は、オーケストラの曲のアレンジをしていました。

今は、出雲大社大和王権をイメージした曲を作っています。

霊的な空気が漂うような神秘的な雰囲気や、壮大なドラマを感じてもらえるように、持っている音源を駆使して、制作しています。

 

イメージを曲にする具体的な方法について

アレンジがほぼ完成に近くなってきましたので、今日は、そんなイメージを表現するために、実際にどんな方法を使って作曲したのかを、書いてみたいと思います。

 

まず前提として、

1分15秒から30秒くらいの曲。

出雲大社大和王権をイメージした曲。

 

この2点が、作ろうと思った曲の制作条件です。

 

 

イメージを曲にするポイントは、キーワードからのイメージ、構成、楽器

 

1.出雲大社大和王権というキーワードから、神々を感じる霊的な空気、神秘的な雰囲気、荘厳さ、壮大さ、ドラマチック、力強さ、日本の伝統、日本の中心というようなイメージを導き出しました。

 

2.曲の構成は、AーBーA’ のような三部形式にしました。A'のところは、単なるAの再現ではなく、結構展開して盛り上がっていく感じです。

細かく書くと、Aは静かな神秘的でゆったりした雰囲気、Bは龍が一気に天に駆け上がるような雰囲気で、A’で最後に向かって情熱的に盛り上がるという構成です。

 

3.・楽器は、壮大さ、ドラマチックさを出したいので、オーケストラを主体にしました。VIENNNAの弦楽器、木管楽器金管楽器、打楽器を使いました。

・日本らしさを出すため、メインのメロディーは、「koto13」の音源を使用して、箏の音にしました。

・神秘的な感じ、霊的な感じを出すために、シンセサイザーを使いました。「omnisphere2」の音源でworld系の音源を多く使いました。生楽器の音が録音されている音源なので、オーケストラとの相性が非常によく、音質もきれいです。

・「omnisphere2」の、尺八のようなシンセ音も使いました。尺八の音源を持っていなくても、十分にイメージを出すことができました。シンセが入ると、音や時間の空間が広がるような感じが出せます

・神秘的、霊的な感じを出すため、さらにドラマチックな躍動感を出すため、太鼓と銅鑼とシンバルの音源を使いました。「ACTION STRIKES」とVIENNAの音源を使いました

 

DTMでオーケストラを作る時、現実のオーケストラのように音を重ね過ぎないように作っています。DTMの音源は素晴らしいです。しかし、本物にはかないません。特に中音域から低音域に音を重ね過ぎると、かなりもこもこして、フレーズの輪郭がぼやけ、全体の音の姿もぼやけます。本物のオーケストラなら、どんなに重ねても、濁ったりぼやけたりはしません。トーンクラスターだってきれいに聞こえます。

DTMのオーケストラと、本物のオーケストラのアレンジの仕方は、使い分ける必要があるんだなと、思います。

ゲーム音楽はそういう視点から聞くと、非常に上手にアレンジされていて、すごいなと思います。

 

イメージをどんどん具体的にして、形にして、自分の耳で確かめて作っていく、そのDTMの作曲作業が、とても楽しいです。どんどん上手になって、いろんな人をハッピーにしたいです。

 

 

 

 

 

 

作曲能力を上げる方法、思考する言葉を変える!

先日、近所のお祭りに行ってきました。

数か所のステージで、発表会のようなものが催されていたり、いろんなブースや、いろんな食べ物が販売されていて、スタンプラリーが開催されていたりして、とても賑やかでした。ステージの発表は、ダンスが多かったように感じました。子供たちがリズムに乗ってかっこよくダンスするのを見たりして、楽しみました。子供の習い事の中では、ダンスは、楽器より手軽に始められるのかもしれないなと思いました。子供たちが生き生きと自信たっぷりに楽しそうに踊っている姿が、すごく心に残りました。

 

さて、今日は、作曲し続ける日々での、メンタルの保ち方について、良いなと思える方法を、本で読んで、考えてみたことがあるので、それを書いてみたいと思います。

 

能力を上げる方法は、思考する言葉がポイント!

 

スポーツをする上でのメンタルの保ち方のようなことが書かれている本を読みました。

その本によると、一流の選手の能力を向上させる、良いトレーニング方法は、成功した理由、うまくいった理由を、自分で分析する、ということだそうです。

そうすることにより、高い自信を持ちながら、良いイメージを思い描くことになり、結果的に能力がアップする、ということになります。

 

かつては、試合でうまくいかなかったところを、ビデオで何回も見て、それを直す、という方法が多く行われていたそうです。しかし、その方法だと、無意識の中に失敗するイメージが刻み込まれてしまい、同じ失敗をしてしまいやすくなります。

更に、自分のダメだったところを何度も見て考えてしまうと、自分の能力は低い、と思い込んでしまうことにつながり、その人の本当の能力が引き出されてきません

 

これは、スポーツに限ったことではなく、どんな仕事にも、もちろん作曲にも、あてはまることだと思います。

 

作曲も同じ。思考する言葉を変えよう!

私は、作曲しているとき、アレンジしているとき、全体のバランスを見ながら、何度も、ここがうまくいかない、ここがまだ下手だ、だから直そう、という思考の反復で作っています。それは、悪いことではないと思っていましたが、その方法では、ダメという言葉を頭の中で、何度も繰り返すことになり、そのうち疲れてきてしまう気がしました。自信もなくなってしまいます。なんだかいつももやもやしていたのは、それが原因だったんだなと、感じました。

 

そうではなく、もっと自分が心地よく感じる音を探していこう、とか、もっと華やかにしたら全体が良くなるとか、そんな風に、マイナスではなく、プラスの思考から出てくる言葉を使った思考で、作曲をしていったらいいのだと思いました。

 

 

たくさんの人の心を平和にできる良い音楽をたくさん作りたい!

そのために、もっといい曲を書けるようになりたい!

そのために、これから、プラス思考で自分の能力を伸ばしていこうと思います。

 

音と遊んでいるときが一番楽しいです。その気持ちを、何とかいい方向に引っ張れば、自然に作曲が上手になれる気がします。

 

気になる、気になる、作曲力を高めるには、直し続けることが大事?

今日は、完成した曲の最終的な音の調整をしました。

 

1日とか、時間を隔てて聞くと、以前は気にならなかったところが、すごく気になって直したくなります。今日も、気になるところが次々に出てきて、それをひとつずつ解決していく作業でした。

 

音を直す作業をしているときは、夢中で気になるところを改善しています。あまりにも次々思い浮かぶので、その作業が永遠に続くのではないか、なんて思えてきてしまいます。

でも、一つずつ、順番に問題を解決していくと、必ず、「ああ、これで全部直せた!」「自分のイメージの音楽になった!」という瞬間がやってきます。

 

自分が納得のいくまで、直し続けることが大切なんだな、と、全部直し終わって、完成したと感じた時に、思いました。

自分で「微妙に違和感がある」と感じるところは、その違和感がなくなるまで、直したほうが、すっきりするし、1作品ずつの曲の質を、高めることにもなるんだな、と思いました。

 

中途半端に疑問を残したまま、できたことにしたら、早く曲が完成したことにはなります。しかし、そうやって仕上げてしまったら、毎回同じ課題を残し、曲の質も、自分の持っている能力すべてを出したものでは無くなってしまいます。一作品完成するたびに少しずつ、改善することも難しくなる気がします。

 

 

これからも、時間の許す限り、気が付いたら何度でも、直しつづけようと思います。

 

 

 

 

ギターソロを創作して弾く方法について考えた。やっと何とかなりそうだ~

今日は、アレンジが完成し、ミックスの作業に入ったところまで作りました。

 

有名なDJがトラックを制作している様子の、動画を見ていると、意外と細かい効果音をたくさん入れているんだな、と思いました。音数は少ないとも、多いとも、感じられます。ここ、というところにはたくさん音が入っていて、流れていく部分は少ない音で、存在感のある音で、構成しているんだな、という風にも思いました。

 

今回作っている曲も、何度も客観的に自分の曲を聞いて、音を加えたり抜いたりしました。永遠に直したくなるような、気になるところが出てきそうです。ひとまずこれで、EQやリバーブをかけて、音を整えていこうと思います。

 

ギターを習っていますが、前回のギターのレッスンで、「ソロの部分を考えて弾いてみよう」という宿題をもらいました。ソロを考えて弾くというのは、今までに無かったことなので、宿題をもらって数日間、すごく悩みました。今は、解決方法が見えて、何とか弾けそうになっている状態になりました。今回は、その解決方法について、書いてみたいと思います。

 

ギターのソロパートを、創作して弾く方法

今回は、MAN WITH A MISSIONの「distance」という曲のソロを作って弾く、ということに挑戦しました。

 

かっこよくて大好きな曲です。しかし、市販のスコアを見ながら自分でギターで弾いてみたら、テンポがとても速くて、技巧的なフレーズもあちこちに出てきて、難しい曲だということを実感しました。狼のみなさんはすごい!

 

この曲の途中に、歌詞がなくなり、器楽的な技巧を聞かせるような部分があります。

その場面で、スコアには書いていないけれど、ソロを自作する、ということに挑戦しました。試行錯誤しながら、次のような手順で、何とか形にできました。

 

ギターのソロパートを創作する手順

1.五線紙を用意し、ソロを作る小節ぶんの小節線を引きます。

今回は16小節だったので、1段4小節で4段ぶん、作ります。

2.楽譜を見て、小節線を引いた小節の上に、コードを書き込みます。

3.コードを元に、自由に音を選んで、弾いて指の運び方を確かめながら、音符を書いていきます。

 

この、3.のところが、最初はとても難しく感じました。

そこで、こんな風に考えて作りました。

 

ソロ創作の考え方

1.ソロって言っても、何も浮かばなかったため、まず、大好きなギタリストの動画を見て、何とか真似できそうなところを探す。

 

私が好きなギタリストは、DJアシュバです。あるコンサートに行ったとき、生演奏を聞いて、すごく楽しそうにギターを弾いている姿が心に残り、その後いろいろな曲の演奏を調べて聞いているうちに、大好きになりました。

ギターがしゃべっているように聞こえて、音楽の流れがとっても美しい、本当に感動するギターの音色で、しかも心からギターを楽しんでいるのが伝わってきます。

 

アシュバの演奏を聞いたら、技巧的な場面より、ギターで歌う場面のほうが多いということがわかりました。絶対にアシュバのようには弾けないけれど、自分のできる範囲でギターを歌わせるようなフレーズなら弾くことができる、と気が付きました。

 

2.distanceの曲の、サビや、全体の音を思い浮かべて、出てきた音のモチーフを取り入れる。

サビのメロディーがかっこいいので、サビのモチーフを使って展開させるようなイメージで作りました。

 

3.チョーキング、ビブラート、スライド、ハンマリング・オン、プリング・オフを入れて、ギターソロっぽさを出す。

できる範囲でいろんな技巧を入れてみました。練習すればどれもそんなに難しくはありません。

 

このような考え方にもとづいて楽譜を作り、弾いて確かめながら、何とかソロができました。今は自分で書いた楽譜を見ながら、何度も練習して覚えているところです。あともう少し頑張れば曲のテンポで弾けそうです!

 

ひとり悩んだ末に…

ソロを弾こうという宿題をもらった直後は、本当にどうしていいかわからず、けっこう悩みました。「次の一か月後のレッスンの時まで、先生に質問ができない。」「ソロが弾けてないと練習が進まない。」「練習できていない状態でレッスンに行っても、機会のムダ」「もう一か月レッスンを遅らせてもらうべきか?」というような、すごくネガティブな思考をしばらく繰り返してしまいました。

 

でも、もう少し自分で考えてできることがあるのではないかと、考え直し、時間は少しかかりましたが、上記のような手順で、何とか問題を解決しました。何とか、次のレッスンまでに、形にできそうです。

 

自作曲では、難なくギターパートを作曲していますが、自作ではない曲のソロを自由に弾いたことは無かったので、苦戦しました。これからも、どんなふうにソロを弾いたらいいのか、いろんなプロのギタリストの演奏を聞いて、考えてみようと思います。

 

作曲するにも、音楽を楽しむのにも楽器演奏は大事!

自分で楽器を演奏することは、つくづく大切だと思いました。

よくMAN WITH A MISSIONのコンサートに行きますが、聞いているのと、自分で弾いてみるのでは全然印象が違います。聞いているとあっさり流れているようなところでも、すごく技巧的なことをしていたり、パワーコードを弾き続けて、右手がすごくつかれたり、覚えるのが大変だったりします。そういうことを全部感じたうえで、コンサートに行ったら、もっともっと、狼さんたちの心に近づいて、今までより何倍も音楽を楽しめると思います。

 

ファンもスコアを勉強してからコンサートに行き、みんなで百倍音楽をたのしもう!

 

DTMのソフト音源を購入し増やしたメリットについて考えた

今日は、曲のアレンジ作業の続きをしていました。だいたいアレンジは完成しました。

当初はドラムを入れないつもりでしたが、全体のバランスを見て、ドラムを入れたほうが、前向きで明るい印象になる感じだったので、軽めのキックとスネアとハイハットを入れました。爽やかな感じが出て、作曲し始めるときのこの曲の目標は、達成できた気がします。

 

いろんな曲を参考にして、ベースやドラムの音を決めました。

ベースやドラムの音はすごく重要で、音色の選び方で、ものすごく印象が変わるんだなと、実感しました。

 

夏にソフト音源をいくつか買ったので、購入以前に比べて音の選択肢が増えました。

 

ソフト音源を増やしたメリットについて考えた

例えば、ドラムの音なら、Battery4、STYLUS、Avenger、TRK、REAKTORの中から選んでいます。その前はCUBASE付属の音源だけで作っていたので、今は圧倒的に選択肢が増えました。そして音の質もものすごくきれいです。

 

買った当初は、短い期間で一気に音源を買いそろえたので、自分が何を持っているのかがわからなくて、ひたすら調べて、実験と試行錯誤の繰り返しで曲を作ってきました。今は、どの音源をどういう風にどんな場面で使うのか、だいたい頭で先にイメージすることができるようになりました。

 

実感したことは、選択肢が多い中から音源を選べるほうが、自分の自由なアイデアを簡単に実現させることができるということです。曲の中で自分がイメージしたとおりの音を使うことができるので、完成した時にとても充実感があります。しかも音質もいいのは本当にうれしいです。作曲が楽しくなって、もっと曲をたくさん作りたくなります。

 

DTMのソフト音源は高価だったりしますが、その分の価値は充分にあると思います。

 

何よりも、毎日の作曲が楽しいと思えることがすごくうれしいです。

購入する前は、高価なので、すごくためらっていましたが、買って本当に良かったと思います。

これからも、音源をうまく手に入れて、いろんな音源を使って曲を作ってみたいです。

集中して作曲するには運動が大切、健康であってこそ曲が作れる!

今日もアレンジの続きを制作していました。

曲を作りながら、海や風や太陽の光がまぶしい景色がずっと頭の中に浮かんでいて、今日は雨でしたが、さわやかな一日だった気がしました。

 

ドラムを入れる気持ちは、最初の計画にはなかったのですが、だいたいアレンジができてきたところで、ドラムを入れたほうが、喜ばれる感じがしてきました。だから、ドラムを入れようと考えています。意外とかっこよく聞かせるのは難しいです。いろんな曲を聞いて、かっこいい曲の真似をして作ろうと思います。

 

さて今日は、健康について考えてみたいと思います。

 

作曲をする上での健康について考えた

最近、読んだ本や、動画の情報を見て、健康について考えるきっかけがありました。それ以前から、食べ物には気を付けていました。加工食品は一切食べていません。野菜やお米や豆や魚を食べていて、とても美味しく幸せな食生活です。

 

今回気になったのは、運動する時間が自分には足りていないなと、思ったことです。

 

良い曲を作るために、良い仕事をするために、元気な心と体が必要です。

 

最近読んだ本によると、私たち人類は、原始的な生活をしていた頃、とてもよく歩いたそうです。今のように飛行機も電車も車も自転車も無い時代は、ひたすら歩いて移動しました。人類の歴史を考えれば、そういう生活をしてきた時間のほうが長く、現代のように、ほぼ歩かず生活していた時間はごくわずかです。

 

そのうえ、現代は、座りっぱなしの生活をしている場面が多いです。幼稚園や小学校の授業に始まり、大人になっても、いすに座って仕事をすることが多いです。人類の歴史の中では、いすに座って休むということを人間はほとんどしてこなかったそうです。

 

つまり、人間が自然に楽な姿勢を保つためには、歩く時間を作ったほうがいい、ということです。

 

いすに座って長時間デスクワークをしていると腰が痛くなってきます。

私は、低い机でいすなしで作業しているので、DTMで曲を制作しているとき、座らざるを得ません。するとだんだん腰や足が痛んできます。

ところが、疲れてきたなと思いながら、外に出て歩いてくると、痛みや、腰のゆがみがすっかり治ります。そしてまた、集中して作曲作業に入り込めます。

 

最近、時間を作ってしっかり歩くようにしています。読んだ本にも、一日一万歩くらいは歩くと良いだろう、と書かれていました。今のところ歩数はカウントしていませんが、一日3回は外に出て、1回につき最低でも20分間くらいは歩いてくることにしました。

 

そんな生活に変えてみたら、なんだか体が軽くなった感じで、気持ちも前向きになってきました。頭もすっきりして、集中して作曲に取り組めるようになって、いいことばかりです。

 

以前は、「そんなに運動に時間をかけるなんて、その分作曲に時間を使ったほうが効率がいい!」と思っていましたが、それは間違いでした。

 

私たちは、生身の生物です。機械ではない。植物が水と太陽光を必要とするのと同じように、人間は、体を動かす必要があるんだな、と実感しました。

 

この先、人間の寿命は延びます。肉体の寿命は120歳くらいだけれど、脳の寿命は200年と言われています。私たちは、けっこう長生きします。最後まで、心も体も脳も元気で、いい曲をたくさん作るには、ずっと健康であることは欠かせません。

 

健康は意識して作るもの!

健康は、日々の積み重ねで作っていくことでしか、保つことができないものだと思います。栄養のある食事、十分な睡眠、打ち込める仕事、適度な運動リラックスできる時間、を毎日意識してすることによって、はじめて健康を手に入れることができるのだと思います。

 

自分の体を大切にできて初めて、いろんな人を幸せな気分にできる音楽を提供できるのだと思うので、これからも、試行錯誤して、元気な心と体で仕事ができるような方法を考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージをもとに作曲する手順について考えてみた

今日は、新しい挑戦をしている曲のアレンジをしていました。

メロディーで引っ張る作り方ではなく、モチーフをうまく使って、サウンドで構成していくような作曲に挑んでいます。

今のところ、順調に作曲できています。シンセ、ピアノ、ストリングスにエレピも入れて、明るさと軽さと推進力を出せるようアレンジしています。

 

初めて作ってみると、今までの作り方では出てこなかったアイデアが出てきて、「自分の中にまだこんな音楽が存在していたんだ~」と、新鮮な気持ちになっています。

 

作曲するうえで、イメージがとても大切だなと、最近とても感じるので、今日はそれについて考えてみたいと思います。

 

イメージをもとに作曲する手順

作曲をするにはまず最初にイメージがあったほうが、私は作りやすいです。逆に何も無いと、選択肢が多すぎて何も決められず何も作れません。

 

いつも、作曲前の準備はこんな感じでやっています

1.何に使う曲なのか、演奏時間はどのくらいか、どんな映像をイメージして作るのか、を決めてノートに書きだす。

2.1.を踏まえて、どんなイメージを音楽で描き出すのかを、言葉でノートに書きだす。

3.2.で書きだした言葉をもとに、アレンジするときの具体的な楽器を、ノートに書きだす。

4.1.2.3.を踏まえて、最初のモチーフを五線紙に音符で書き、ピアノを弾きながらざっと全体のメロディー、構成、コードを決めて、作曲する指定時間ぶんのスケッチを作る。

5.1.2.3.4.をもとに、パソコンに向かい、DTMでアレンジしていく。

 

人間はすべてを言葉を使って考えているので、映像としてのイメージを作る時も、言葉を使って考える方法が良い気がします

 

 

今作っている曲なら例えば、「地球と人間に優しい未来を作っていく」ようなイメージで、時間は1分40秒くらいで作りたい、と最初に考えました。

 

そこから、水平線や地平線、海や太陽を映像として思い浮かべました。 

 

音楽のイメージとしては、開放的、明るくソフト、軽い、前向き、推進力、という言葉を思い浮かべました。

 

そこからさらにイメージを言葉にして考え、光、未来、金色、銀色、キラキラ、緑、環境、地球、人間、朝日、温もり、生命力、風、笑顔、優しさなど、思いつく限り全部書き出しました。

 

そこから、その言葉のイメージを表現するのに使いたい楽器を、ピアノ、ストリングス、シンセサイザー、というふうに決めました。

 

そしてスケッチを作った後、アレンジをしていきます。

 

アレンジの段階では、イメージとずれないように頭の中に映像を思い浮かべながら、作っていきます。光や風などを五感をフルに使ってイメージしながら作ります。

 

イメージをもとに作ると、曲が作り出す世界観が色鮮やかになる気がします。物語性も増して、聞いてくれる人に何かが伝わるような音楽になる、と思っています。

それが作曲するうえでの、表現力なのかなあと思います。

 

自分で作り出した世界に浸って作曲をしているときが、最高に幸せな気分です。その時は全部忘れられる。

たった一人でも、自分の作った音楽で幸せな気持ちにさせたい!と思って、明日もまた続きを地道に作曲します。