GTMのDTMで作曲な日々

GTMがDTMで日々作曲をしながら、発見したことをつづります。

DTMでオーケストラ曲のミックス、マスタリング作業中。ストリングスの音が抜ける方法について考えた。

今日も、最後のミックス、マスタリング作業をしていました。納得のいかないところがたくさん出てきて、何度も直しています。もう少しで完成です。

 

オーケストラをミックス、マスタリングするのは、すごく難しいです。せっかく打ち込んだ音が、そのままでは全く聞こえなかったりします。何とかあきらめずに曲の良さを出そうと、知恵をふり絞って、試行錯誤を繰り返しています。

 

さて、今日は、今回の音楽制作での試行錯誤で見つけた、問題解決法を書きます。

 

問題は、オーケストラの中で、ストリングスの音が埋もれてしまい、ほとんど聞こえない。というものです。

 

ちなみに今作っている曲の編成は、箏、バンスリなどのインドの楽器と、木管金管、弦楽5部のオーケストラと、ドラム、ベース、シンセサイザーです。

 

オーケストラの中で、ストリングスの音が抜けるようにする方法

1、ストリングスの音源を、2種類重ねる。

2、弦楽5部(ヴァイオリン1、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)のそれぞれのトラックに、EQ、コンプを挿したあと、imagerを挿して少しだけ響きの幅を狭める。

3、グループチャンネルトラックに、曲中で特に必要な場面のみ、transient shaperを挿す。

 

1つずつ詳しく書きます。

1、VIENNAのストリングス音源と、SESSION STRINGS PRO2の音源を、重ねて使いました。VIENNAは柔らかく透明感のある音、SESSION STRINGS PRO2は音が前に出てくるような線が明確な音です。2つを重ねることで、本物のオーケストラのような多人数での演奏に近づけます。

 

 

2、EQ、コンプの後に、imagerを挿し、音の幅を少しだけ狭めます。

f:id:GTMcomposition:20200602232243p:plain

f:id:GTMcomposition:20200602232456p:plain

↑ このような感じで、少しだけ、音の拡散を押さえます。こうすることで、それぞれのトラックの音の動きが明確になります。

 

3、グループチャンネルトラックで2つのストリングスをまとめます。

弦がこすれる音が出るような、激しく力強い場面で、その迫力が全く無かったので、Transient Shaperを挿しました。曲全体ではなく、必要な場面のみ効果がかかるように、オートメーションでバイパスのオンオフを書いています。

f:id:GTMcomposition:20200602232812p:plain

f:id:GTMcomposition:20200602233408p:plain

↑ このような感じで、中域と低域のアタック感を、けっこう強めに設定しました。

こうすることで、曲の中で完全に埋もれていた弦の躍動感が、前に浮かびあがってきました。

 

ちなみに、グループチャンネルトラックのEQは、こんな感じで設定しています。

f:id:GTMcomposition:20200602233834p:plain

曲の主役は箏と笛なので、2kHz付近を思い切って削っています。力強く激しいアタック感を出すために中低域は少し持ち上げています。

両サイドにヴァイオリン1とヴァイオリン2を配置し、中央にその他の低音楽器を配置しているため、中央とサイドは異なる設定にしています。

 

 

あれこれ考えて試して、このような方法で、なんとかストリングスの音が前に出てきました。

DTMでオーケストラを作るのって、やっぱり本物の楽器じゃないから、それぞれのパートが分離して聞こえるようにするのは、無理なのかなあ」と、弱気に思うこともありました。

しかし今回、持っているプラグインを総動員してあれこれと考え、駆使したら、かなり自分の理想とする音のイメージに、近づきました

 

 

あきらめずに粘ってみることって大切なんだな~と、わかりました。

皆様のお役に立てる、質のいい曲が作れるように、明日も楽しみながら作業をします。

DTMで作曲、タムの音が抜けない問題をなんとか解決した!

今日も作曲の終盤で、最後のミックス、マスタリング作業をしていました。

CM用の曲ということで、インパクトのあるアレンジをしたところ、音の調整にかなり時間がかかっています。知恵をふりしぼり、アレンジの中の重要な音が浮かび上がるように、プラグインを挿しています。

 

さて、本題に入ります。

今日の作業で、タムがオーケストラに埋もれてしまい、まったく聞こえないという問題が起こりました。タムといっても、和楽器がメインの曲なので、和太鼓に近いような感じのタムの音源を使っています。

今回の曲の中では、躍動感を出すような、力強く激しいイメージで使っています。

 

 

 

タムをオーケストラに埋もれずに聞こえるようにした方法

1、EQを調整

2、様々なプラグインを挿す

3、パンを調整

 

1つずつ詳細を書いていきます。

1、WAVESの「VEQ」を使いました。2~3kHzあたりをブーストして音が抜けるようにしています。「HIQ」「ANALOG」ボタンを点灯させたら、さらに音が前に出てきました。

f:id:GTMcomposition:20200528231609p:plain

 

2、コンプやExciterを使って音の輪郭をはっきりさせています。

 imagerを使って音の範囲を狭めて、オーケストラの中で、音の焦点が定まるようにしています。

f:id:GTMcomposition:20200528232205p:plain


3、パンを左に振りました。中央寄りはオーケストラの音でいっぱいだったため、思い切って端に配置させました。

 

このような感じで、一つずつプラグインを挿しながら、自分の感覚を研ぎ澄まし、耳で良く確かめて音を作っていきました。

これで、何とかオーケストラの中でタムの音が、聞こえるようになりました。

 

今回の曲は、全体の迫力や躍動感を出すためにタムが重要な役割を果たします。だからなんとしてでも浮き立たせたかったのです。結果、ちゃんと聞こえるようになり、曲全体が生き生きとしました。

 

 

自分で納得できる音になるまで、あきらめずにいろいろな方法を試してみることって、すごく大切なことなんだな~と思いました。

 

 

DTMの制作過程で作業効率がアップ!トラックを色分けしよう!

今日もひたすら、ミックス作業をしていました。

 

今回の作曲は、江戸時代の絵画を題材にしたテーマ曲です。箏や和楽器風の打楽器、インドの楽器、シンセサイザー、オーケストラを使っていて、血沸き肉躍るようなかっこいい曲に仕上がりそうです。

 

世界観を大事にしたかったため、トラック数が多くなり、ミックスに相当時間がかかっております。自分の中で、新しい実験もたくさんして、今作れる最高の音に仕上げようと励んでいます。

 

トラックを色分けすることで作業効率がアップした!

さて本題に入ります。

最近、DTMで打ち込んでいるとき、トラックを色分けすると作業効率が良いことに、はたと気が付きました。今さらかも知れませんが…。

 

以前は、目がちかちかしそうだし、手間がかかりそうだし、などと思っていたため、トラックの色分けをせずに全部同じ黒っぽい色のまま制作をしていました。

しかし、毎度トラック数が多いので、「キックどこだっけ?」「ベースどこ行った?」などと、自分が無意識に必死に探しながら制作をしていることに、ある日気が付きました。要するに時間を節約したつもりが、時間を無駄に使ってしまっていることが発覚。

 

そこで、トラックに色を付けてみたら、一発でキックやベースが探せることがわかりました。

制作しているときは、ポンポン出てくるアイデアを、忘れないようにどんどん打ち込んでいくため、トラックの整理整頓は後回しになります。そうした時も、色を付けておけば、作業したいトラックに一気にたどり着けて便利です。

ミックスするときも作業が早くなった気がします。

 

色付けの仕方も簡単でした。

私はCubaseを使っていますが、トラックの左側で、Ctrlキー+クリック で色を選べます。

 

 

ちなみに私は、

 

赤→ドラムとパーカッション

青→ベース

黄色→メインの楽器

オレンジ色→次にメインの楽器

紫→SE

 

という風に色分けしています。全部色分けするのはさすがに手間がかかるので、いつも位置が決まっているオーケストラは色を付けません。

   f:id:GTMcomposition:20200527225037p:plain

⇧こんな感じになりました。

思いつくままに制作していると、kontaktの音源が特に整理整頓しづらいので、色分けすることで目的のトラックが探しやすくなっています。

 

 

そんなわけで、トラックに色を付けることで作業効率がアップしました。

見た目もカラフルで楽しい感じの画面になるので、気持ちも盛りあがって、快適に作曲をしています。

 

当たり前なテクニックかも知れませんが、ほんの少しの工夫で結構快適な作業環境になるんだな~ と思いました。またいろいろ、DTMの作業効率向上のための実験をしていこうと思います。

 

AVENGERの「V- Manager」にログインできなかったのを解決できた!

今日もひたすらミックス作業をしていました。今回作曲した曲は、ソプラノリコーダー、アルトリコーダーエレキギターのパートを、自分で演奏して録音しています。

 

結構たくさんのシンセや、オーボエ、トランペット、オルガンも使った、明るく楽しいイメージの曲なので、それぞれのトラックの良さを生かしつつ、全体のバランスを取るのが、難しいところです。

 

難しいけれど、もともと音を加工するのが大好きなので、いろんなアイデアが出てきて、自分の理想の音に近づけていく作業をすごく楽しんでいます。

 

ここから本題に入ります。

 

 AVENGERの「V- Manager」にログインできなかったのを解決できた!ことについて

 

昨日突然、AVENGERが起動しなくなりました。

 

サポートのページを見たら、「アクティベートして3カ月が経過すると自動的にライセンスがディアクティベートになる」ということでした。

 

解決するための説明は、サポートのページに分かりやすく書かれていたので、途中まではうまくいきました。

しかし、なぜか「V‐Manager」の画面でログインができませんでした。メールアドレスとパスワードを入力してログインボタンを押しますが、ログインできず、かなり苦戦しました。

 

やっと今日解決できました!

ログインできなかった原因は、使用期限の切れた「WinRAR」と「WinZip」でした。

 

「V- Manager」をダウンロードして解凍したときに、なんだかいやな予感がしたのを思い出し、試しに「WinRAR」と「WinZip」をアンインストールしました。

そうしたら、見事に「V- Manager」にログインできました。

 

使用期限の切れてしまったものや、使っていないアプリは、できるだけアンインストールしないと、いろんな不具合の原因になるんだなということが、今回身に染みてわかりました。

パソコンの中も整理整頓が必要だということに気が付きました。

 

AVENGERを使うと、一気に全体がかっこよくなります。そして音作りも細かくできるので、楽しくて重宝しています。これでまた無事にAVENGERが楽しめるようになりました!よかった~

 

 

 

 

三日坊主にならず、1年以上ギターの練習が続けられた3つの理由! を考えてみた。

今日は、今作曲している、アニメの音楽のミックス作業をしていました。

パーカッションが多めで、アコギやエレピやベースがリズミカルで、踊りたくなるような楽しいシーンのイメージで作っている曲です。

普段あまり作らない感じの曲だったので、いつもと違う新鮮な気持ちで作れて、楽しい作曲作業でした。

トラック数が多くなったので、ミックスは手間がかかりそうです。

 

ところで私は、作曲力を向上させたいためと、単に好きなため、毎日ギターを練習しています。一年以上前に始めた「ギター基礎トレ365日」という、基礎トレーニング本を、最近、めでたく一冊全部練習し終えました!

今日は、三日坊主を乗り越え、一年以上ギターの練習を続けられてきたことについて、考えてみたいと思います。

 

 

三日坊主にならず、一年以上ギターの練習が続けられた3つの理由

1、練習する時間を確保し、練習計画を立てて、それを淡々とこなした。

2、ギターを弾く理由が、自分の中ではっきり決まっていた。

3、大好きなバンドの曲を題材にして、練習をした。

 

 

それぞれの項目について、もう少し詳しく書きます。

 

1、最初に決めたのは、一日の練習時間を、60分間確保するということでした。

時間は、17時30分頃から始める、と決めました。

 

練習計画は、

最初の20分間エレキギターで、基礎トレーニング本を使った基礎練習、

次の10分間アコースティックギターで、市販の弾き語り本や、今作曲している自分の曲を使った練習、

最後の30分間は、大好きなバンドのスコアを使った、曲を弾く練習。

という風に、決めました。

 

練習する内容も、練習を始める時間も決めてしまえば、直前になって「今日はどう練習しよう」などと悩むこともなく、無心に練習を開始することができました。

練習に集中するため、20分、10分、30分と区切った、それぞれの時間で、キッチンタイマーを使って、タイマーが鳴るまで弾き続ける、という工夫もしました。そうしたら、時計を見る必要が無いので、練習に没頭できました。

 

あとは、「できた!」とか「できなかった!」とは、あまり考えず、ただギターを弾く感触を楽しんでいたということが、毎日の練習を続けられた理由のような気もします。

 

2、もともとギターを習い始めた理由は、「作曲がもっと上手になるために、ギターを弾けるようになって、アレンジの中でのギターパートが、上手に作れるようになりたい!」というものでした。

ピアノは子供の頃から習っていたので弾けるのですが、ギターは全く未知の世界だったため、作曲するときに、どうギターパートを書いたらいいのか、全然わかりませんでした。今はだんだんギターのことがわかってきて、曲のアレンジの中にも、どんどんギターを入れられるようになりました。

「今日は何となくギターの練習したくないかも?」という日も、けっこうありましたが、「私がギターの練習をする理由はなんだっけ?」と考えると、自然に練習し始められました。

 

3、大好きなバンドの曲を練習すると決めたので、ライブに行ってたくさんの人と楽しんで聞いてきたあの曲を、自分で弾けるようになっていくのがただ楽しかった! ちなみに、大好きなバンドは、MAN WITH A MISSIONです。

市販のスコアに載っている曲を、毎月1曲、暗譜で弾けるように練習して、レッスンに行きます。今は1冊だいたい終えて、2冊目のスコアに挑戦しているところです。

知っていて、好きな曲なので、どんな風に演奏するかも、イメージできて、弾きやすいです。一曲全部暗譜できたら、自分がバンドのメンバーになったつもりで、ステージに上がってたくさんの観客の前で堂々と楽しく演奏しているイメージで弾くと、すごくいい音で弾けます。

 

 

 

私の場合は、そんな3つの理由から、1年以上、ギターの練習を続けてこられたのではないかと思います。

ギターを習い始めた当初は、「難しそうすぎて、私にはまったく弾けなさそう」と思っていましたが、毎日練習を続けていたら、いつの間にか、弾けないところが一つずつ、弾けるようになっていました。

「好き」という気持ちと、「積み重ね」が大事なんだな、と実感しました。

 

 

あと、もう一つの大きな理由は、素晴らしいギターの先生に出会えたこと!

偶然のように出会った、ギターの先生は、ぴったり私と同じ年齢で同じ県生まれで、本当に心からギターを大好きな先生です。先生がいつも楽しそうにギターを弾いている姿を見ていると、「ああ楽しそうだな、自分もあんな風に楽しく弾けるようになってみたいな」と、思います。

偶然のめぐりあわせと、ギターの先生にすごく感謝しています。

 

毎月のレッスンも、すごく練習の励みになっています。

 

このさき一生ギターを楽しく弾き続けたいな、と思います。

 

 

楽器は弾けば弾くほど、弾けるようになり、楽しめるようになってくるものなんだな、と実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DTMで作曲♪ オーケストラ曲の、ストリングスの打ち込み方のコツ について考えてみた

 今日は、作曲し終えた、映画音楽のBGMの、ミックスとマスタリングをしていました。

 映像に描かれている、優しい感情や、温かい気持ち、穏やかに射す夕日の色を表現して作曲したBGMです。

 

 編成は、アコースティックギターをメインに、ストリングス5部、木管4本、グロッケン、ビブラホン、マリンバ、ハープ、エレピ、シンセ で作りました。

 

今回の作曲で、気が付いたことを書きたいと思います。

ひとまず今日はストリングスについて、考えたことを書きます。

 

 

DTMでの、オーケストラ曲の、ストリングスパートの打ち込み方のコツ

1、2つのストリングス音源を重ねて打ち込む。そうすると、ストリングスの響きに深さが増し、フレーズのラインがはっきり聞こえる。 

 

2、ストリングスのすべてのトラック(ヴァイオリン1、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)に、それぞれEQとコンプを挿す。EQはもちろん挿しますがコンプもかけることで、かけない状態に比べて、オケ全体の中での、フレーズのラインがはっきりします。

 

3、ストリングスとオケ全体にかけるリバーブを、自分の感覚を信じて、曲に一番合ったものを選択してかける。

 

 

 

上の3つのポイントそれぞれについて、もう少し細かく書きます。

 

1、シンセも、鍵盤パート(エレピとピアノ)も、異なる音源を2つ重ねると、音のラインがはっきりして、味わいのある音になりました。

 それらと同じように、ストリングスも重ねてみたところ、オケ全体の中で、それぞれのメロディーラインがはっきりし、音に深みが出ました。  

 

 ちなみに、私は、VIENNAのストリングス音源と、Native instrumentsのsymphony essentialsのストリングス音源を使用しました。

 

 オーケストラの曲を作る時、いつも、メロディーラインがはっきり出てこないのが悩みの種でしたが、今回実験した、音を二つ重ねる方法で、かなり改善されました。

 

 

2、EQもいろいろなものを持っていますが、その中で、今回の曲に一番合うと感じたものを選んで使用しました。WAVESの「EMOQ4equalizer」を選びました。

 このEQが、私の持っているEQの中で、最も柔らかく、透明な音になり、ストリングス音源自体の柔らかい音が生かされている、と感じたので選びました。

 

 コンプは、Native instrumentsの「varicomp」を使いました。コンプもいくつか挿し変えて比較し、柔らかい透明な響きがした「varicomp」に決めました。

 

 前回までは、ストリングス音源にコンプをかけるのは、音が劣化しそうでいやだなと思っていたのでかけていませんでしたが、今回、各トラックにコンプを挿してみたら、それぞれのパートがはっきり聞こえるようになりました。

 

 オーケストラの作曲は、内声の動きが重要なので、音が明確になる、というのはすごく大切なことだと思います。

 

 

3、リバーブについては、ストリングスと、他のパート全体にうっすらかけるものを、同じにして、統一感を出すようにしています。音の立体感を出すため、木管のリバーブとは異なるリバーブを使います。

 

 様々なリバーブをとっかえひっかえ挿し変えて、音を比較し、WAVESの「TrueVerb」を選びました。柔らかくて、広がりと華やかさが出る感じがしたので、今回の曲に合っていると感じ、選びました。

 

 

今回の実験と考察を終えて、わかったことは、

どのプラグインを使えば、自分の作った曲のいいところがひきだせるのか、という視点から考えて、よく耳を澄ませて、最適なプラグインを選ぶことが大切なのだと思いました。それぞれの曲の雰囲気やイメージによって、結果は変わってくると思います

 

 

明日は今日より、もっとDTMが上手になるぞ!

 

 

 

DTMにおいて、曲のアレンジの中で、音をはっきりさせる方法 について考えてみた

今日は、映画音楽の中の、しっとりした穏やかな、温かい、優しい気持ちを表現しているシーンの曲を作曲していました。オーケストラのやわらかくて、明るい音を、うまく使って表現しようと、いろいろ実験しながら作っています。シンセサイザーの音も入れて、色彩豊かにしようと思っています。

 

さて今日は、「曲のアレンジの中で、音をはっきりさせる方法」について、考えてみます。

 

曲のアレンジの中で、音をはっきりさせる方法

方法1:一つのトラックを、複数の異なる音色で演奏させ、音を重ねる。

方法2:音作りを丁寧にして、アレンジの中で、はっきり聞こえるように調整する。

 

 

方法1について:

 最近読んだ雑誌の記事に、あるプロの作曲家の方のインタビューが載っていました。そこには、「オーケストラの音にシンセを重ねて、音をはっきりさせている。ピアノもストリングスも二つの音源を重ねている。そうすることで全体の音が派手になる。」といった内容のことが書かれていました。

 それから、youtubeでEDMの作曲家の方が、ピアノの音を5つくらい重ねて、1つのリズムメロディーを演奏するように、トラックを作っていました。

 

 要するに、複数の音を重ねて、音の輪郭をはっきりさせる、ということです。そうすることで、オーケストラや、込み入ったアレンジの中で、埋もれることなく、フレーズを浮かび上がらせることができます

 

 オーケストラでは、せっかく、それぞれの役割を持たせて書いた音が、埋もれてしまってはその役割が果たされません。つまり、それぞれのパートの音をはっきり聞こえさせることで、やっと聞き手に、作り手の思いが届くということです。

 

 注意点は、ただ音を重ねるのではなく、明確な意図をもって、音を選んで重ねる、というのが大切だということです。これは、曲全体の音をよ~く聞いて、自分が「これだ!」と思ったものを選べば間違いありません。

 

私は今作っている曲で、異なる音源のストリングスを2つ重ねてみました。それから、シンセも2つ重ね、キーボードも2つ重ねてみました。すると、それぞれのフレーズの輪郭がはっきりしてきて、ぐっと聞きやすいアレンジになりました。

 

 

方法2について:

 音作りは大切です。DTMは、「音を自分の好きなように作れる」ところが、面白いところだと思います。たくさんのツマミや、細かく設定できるパラメーターの数々を、うまく調整するところにコツがあると思います。

 プラグインを挿す前の段階で、あらゆるツマミやパラメータ、EQやコンプやリバーブを視野に入れて、自分のアレンジの中で、音がはっきり聞こえてくるまで、回したり数字を変えたりして調整していきます。つまり、自分で納得のいく結果になるまで、徹底的に音を調整します

すると、意外とアレンジの中でその音が、はっきり聞こえてきたりします。

「自分のアレンジが下手だから聞こえないのだろう」と考えるよりも先に、音作りを丁寧にしてみると良いかと思います。

 

 

 DTMは、音を自分が好きなように、いくらでも加工できて、音も作れて、たくさんの作業がとても楽しいです。

 DTMを初めて数年後、音源を買い足して増やした当初は、さまざまなソフト音源で、いじれるところが多すぎて、どうしたらいいかわからない状態でした。しかし、知らないことを調べたり、日々曲を作りながら実験していくうちに、少しづついじり方がわかってきました。

 今も日々、自分の表現をするための音の作り方を楽しみながら試し続けているところです。

 

明日もいい音を作ろう♪